越谷の全身脱毛サロン。おすすめ一覧です

越谷の全身脱毛サロン。おすすめ一覧です

シースリー

シースリー公式サイトを見てみる

TBC 南越谷店

TBC公式サイトを見てみる

その他の脱毛サロン

部分脱毛と全身脱毛どちらがいいかしら

脱毛をしていくと施術している部分以外のムダ毛が気になってくることがあります。とはいえ全身脱毛は部分脱毛よりもかかる金額も大きいため、不安も大きくなりがちです。全身脱毛を契約したけれどもし上手く脱毛出来なかったらどうしようと思い、部分脱毛の契約を繰り返しているという人もいるでしょう。

私の場合、最初はキャンペーンで安くなっていて一番気になっていた両脇を契約し、キチンと脱毛されていることを確認できた頃に両膝下の脱毛の契約をしました。両脇と両膝下を同時に契約しなかったのは脱毛の効果がどのくらいあるか判断してからでも遅くは無いと思ったからです。この契約の仕方ならもし脱毛の効果が感じられなかった場合でも最小限の出費で済みます。

また、ムダ毛の気になる箇所が私のように少ない方は部分脱毛で十分だと思います。その方が安く済みますしね。ですが、ムダ毛の気になる箇所が多い方は迷わず全身脱毛にしましょう。一箇所ずつ部分脱毛で追加していくと全身脱毛の費用をはるかに超える金額になってしまいます。初めてのサロンでいきなり全身脱毛の契約をするのは不安ですから、最初の一箇所はキャンペーンなどで安くなっている部位で脱毛の効果を確認し、納得してから全身脱毛の契約を結んでも良いと思います。また脱毛の契約をする前に自分で気になっているムダ毛の箇所を今一度確認しておくと良いかもしれません。そうすると今後かかってくる費用や期間がだいたい分かるので、部分脱毛にするのか全身脱毛にするのか自分で判断しやすくなります。

ビキニライン脱毛ってどんな感じ?

ビキニラインの脱毛が流行っているようです。デリケートな部分なのでサロンで脱毛するのが少し躊躇われる部分ではないでしょうか。とはいえカミソリなどでの自己処理を続けていると色素沈着が気になってくる部分でもあります。もちろん自己処理もせずそのままという選択肢もありますが、ショーツや水着からムダ毛がはみ出す事態は避けたいですよね。サロンでのビキニラインの脱毛で気になるのはどのような形に整えれば良いのかや脱毛時の痛みについてではないでしょうか。もちろんデリケートな部分の脱毛ですから同性でも恥ずかしさはあるでしょう。ですが多くのサロンでは紙パンツなどが用意してあり、施術中も配慮がなされているので安心してください。何回か通っていると慣れるようです。そしてビキニラインの脱毛で最初に決めておくべきなのは仕上がり時の形です。脱毛してしまってからでは形は変えられません。オーソドックスな逆三角形にするのか、卵型にするのか、残す毛の部分に関して施術担当者へ明確に伝えましょう。毛量を薄くしたいといった要望もサロンによっては叶えられることがあるので、気になることは伝えることが大切です。

また痛さに関してですがデリケート部分なだけあって皮膚も薄く、他の部位に比べると若干痛いと感じる方が多いようです。毛自体も他の部分より太めな場合が多いですしね。もし施術中に痛みが出て辛いときは、すぐに施術者に申し出ましょう。脱毛機器の出力を弱める、冷やす時間を長く取るなど、適切な対応をしてもらえるはずです。帰宅後に痛みや赤みが出たなどの場合はすぐにサロンに連絡しましょう。

脇の黒ずみもなくなりますか?

自己処理を繰り返しているとどうしても色素沈着が避けられません。とくに肌の柔らかい脇はムダ毛が生えやすい部分で自己処理の頻度も高いため黒ずみが発生しがちです。かつての私も脇の黒ずみに悩まされた一人です。もちろん今は黒ずみが無い脇を手に入れましたよ。何故自己処理を繰り返すと黒ずみが発生するのでしょうか。

肌が黒ずむ原因はメラニン色素の沈着によるものです。このメラニン色素は肌を刺激すると発生し、肌に沈着して黒ずませます。脇は他の部分より薄くデリケートな皮膚で覆われており、自己処理以外でも洋服の擦れなどの刺激に多く晒されている部分です。そのため他の部分よりも黒ずみが発生しやすいのです。私もサロンでの脱毛前は色素沈着していました。ですが、サロンに通い始めて自己処理をしなくてすむようになった頃からだんだん黒ずみが薄くなり今では健康な肌の色を取り戻しています。自己処理による肌への刺激が無くなったことと保湿をするようになったからでしょう。自己処理であってもサロンでの施術であっても脱毛は肌を乾燥させる行為です。ダメージを受けた肌は乾燥しやすく摩擦にも弱いため、保湿を行って肌の修復を早め、新たな色素沈着を防ぎます。サロンでの脱毛によって自己処理の頻度が減ると肌へのダメージが軽減されるため新たな黒ずみの発生が無くなります。そして肌のターンオーバーによりだんだん明るい元の肌の色を取り戻すことが可能になるのです。サロンに通ってすぐに黒ずみが無くなるわけではありませんが、自己処理の頻度が減ってくる頃から黒ずみは徐々に減ってきますよ。

関連リンク

http://kumagaya-datsumou.click/

そもそも我慢できる痛みなのかしら

脱毛サロンに通っていると言うと真っ先に「脱毛って痛いんでしょ?大丈夫なの?」と言われることが多いです。たしかにサロンでの脱毛が痛い時代もあったようです。その頃のイメージからか今でも脱毛=痛いと思っている方は多くいます。しかし今では耐えられないほどの痛みを伴う脱毛はほぼ無いかと思われます。もちろん人によって痛みの感じ方は違うのでまったく痛くありませんとは言えませんが、どのサロンも最新の機器を使用し、保湿や冷却にかなり気を遣っています。私の通っていたサロンでも保湿や冷却にはけっこうな時間をかけていました。私が施術中に感じた痛みは輪ゴムでパチッと弾かれた程度の痛みです。この弾かれたような痛みを感じる方は多いようですね。肌の柔らかい部分や毛の太い部分はとくに弾かれたような感覚がありました。逆に細い毛の部分はまったく痛みを感じませんでした。あの頃より各サロンとも使用しているジェルや脱毛機器は進化しています。施術スピードも上がっているようなので痛みもかなり軽くなっているように思われます。ですが、中には痛みに耐えられない人もいるでしょう。そんな方は遠慮せず施術してくれている担当者に痛いことを伝えてください。私も一度だけ施術中に痛みを感じて脱毛機器の出力を下げてもらったことがあります。体調などによっても痛みの感じやすさは変わってきます。脱毛中の痛みや熱さなどは感じた時にすぐ伝えましょう。もちろん施術後に発生した痛みや赤みに関してもすぐにサロンに連絡することが大切です。

やるなら今。そう今でしょ

サロンでの脱毛にいまいち積極的になれないなんて気持ちはよくあります。私自身もムダ毛処理に万策尽きたという理由で脱毛サロンに通うことに決めたのですから。自己処理の定番カミソリに除毛クリームや脱色クリーム、脱毛ワックスに脱毛機器など数々のムダ毛対策を試しました。試しましたが根本的な対策になっていないのですぐに生えてきて、自己処理に悩まされる日々を送っていましたね。自己処理って手間と時間がかかるんですよ。そして生えかけの毛がボツボツしてきて肌も汚くみえたり、埋没毛になったり黒ずんだりで辛かったです。そんな悩んでいた時に脱毛サロンの存在を広告で知りました。キャンペーンで安くなっていたのでダメ元で契約したのです。プロの手でダメだったらもうムダ毛処理は諦めようぐらいの悲壮な気持ちでした。そして美容サロン初めてだった私はサロン=高いもの勧められるといった先入観もあり、キャンペーン適用の両脇だけ契約したのでした。もちろんその後に高いものを勧められたことはありませんし、キレイに脱毛出来たので両膝下も追加契約しました。

サロン通いをするか迷っている人は多いでしょう。ですがもしムダ毛に関して悩んでいることがあったら、それが脱毛で解決できることであったなら、プロの手を借りて欲しいのです。私のように迷走すると肌が乾燥や色素沈着でボロボロになります。サロンでの脱毛後、自己処理の頻度が減ったおかげで肌はキレイになりましたが、そもそも最初からサロンで脱毛しておけば辛い時期を過ごさずにすんだのです。サロンでの脱毛には費用や時間がかかります。ですが脱毛を終えるとムダ毛に悩まされることが無くてとても楽です。ムダ毛に悩まされているのであればサロンでの脱毛も考えてみてくださいね。



TOP PAGE